HOME>イチオシ情報>異性との接点を見つけることが結婚への近道
ハートを持つ女性

仕事で出会う

社会人で、しかも独身の異性との出会いの場ともなれば、地域問わずに限られるものです。女性が自分磨きをするにしても、エステ、お茶・華道などの嗜みは同姓ばかりが集います。男性も、趣味友は同姓ばかり、オフの日も仕事を家に持ち帰ってくるため、外出しない意見も耳にします。何気ない日常の中には、子育て中心となる施設が多く、既婚者ばかりです。社会人にとって職場(仕事)が唯一、多種多様な人との出会いのチャンスです。そこで、職場や仕事を通じた出会いを支援するサービスが話題です。それが、職縁結婚の活性化で、地域や団体が協働して実施するのは企業間の交流イベントです。まずはグループマッチングから、個々のマッチングへと手を広げる仕組みです。仕事もプライベートでもベストパートナーとなれる、独身社員、働き盛りとなる20代後半から30代を雇用しています。共通点も多々あり、アフター5には飲み会に誘う人さえ出るほどです。

アプローチの方法が異なる

結婚適齢期でも異性との出会いがなく、婚活する人も少なくありません。出会うだけならば、社会に出れば叶うのでしょうが、相手を知るまでには至らないことが大半です。活発な行動派の人と、慎重な思考の非行動派がいますが、行動派の成婚率がやはり高いようです。出会いを求める行動派は、地域活性化イベントの街コンにも参加したり、社会人ならば出張もあるでしょう。観光がてら、そのエリアで開催している婚活イベントに参加しています。許容範囲が広いほど、多くの人に出会えることをこうした行動派は知っています。一方、非行動派はネットお見合いなどで出会いを探しています。プロフィールを把握した上で知り合えるから、登録する人の婚歴もチェックができるから、融通性があります。都合よくお見合いの設定が可能、自分の理想を追い求める人はネットユーザー向けの結婚相談所にも入会しています。

広告募集中